So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

シャルロットと魔法の花(前編) 第1話 [創作童話]

スポンサーリンク




もうすぐ新年があけますね。寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか? 今日から創作童話 第3回をお届け。新作童話【シャルロットと魔法の花(前編)】です。前半は全2回に分けてお届けします。

シャルロットと魔法の花(前編).png
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
シャルロットと魔法の花(前編) 第1話
企画・原作:清原 登志雄
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

↑BGMを聞きながら読むと効果的です↑

昔々、ヨーロッパの小国、クリスタルレイン公国。この国の地方を治める伯爵の元で双子の兄妹(けいまい)が生まれました。兄の名はアレクサンドル、妹はシャルロットといいました。2人は仲良く幸せに暮らしていました。6歳の誕生日を迎えたある日、
『今は仲の良い双子だが大人になったらもしかしたら、爵位や資産を巡って争う事になるかもしれない…』
父である伯爵はそう考えて、嫌がる2人を引き離し、別々に育てる事にしました。好きな兄と引き離された、妹のシャルロットは寂しさが募っていました。
『お兄様はどうしているのかしら? 元気かな』
そんな思いを馳せながら4年の月日がながれました。シャルロットが10歳になったとき、兄のアレクサンドルの事がどうしても気になり専属のメイドに兄の近況を訪ねてみました。メイドは暫らく黙っていましたが、やがて言いにくそうに、
「アレクサンドル様はシャルロット様に会えなくなってから、元気をなくし病気になってしまったようです」
それを聞いたシャルロットはショックのあまり部屋に閉じこもって考え込んでしまいました。
「お兄様に会いたい。また元気なお兄様に戻ってほしい。私に何か出来ることはないだろうか?」
俯き、部屋で独り言をつぶやいていると、コンコンとドアをノックする音がしました。ドアが開きシャルロットのメイドが心配そうに部屋に入ってきました。
「シャルロット様、アレクサンドル様を心配するお気持ちは分かりますが、あまり心配なさらないほうがよろしいかと…。シャルロット様が明るく、朗らかに振る舞えば、アレクサンドル様の病状も回復が早いのではと思います。きっとシャルロット様の思いがアレクサンドル様にも届きますよ」
その時、シャルロットの心の中で幼い頃、司祭さんから聞いた、不思議な言い伝えを思い出しました。それはアレクサンドルと一緒に町の大きな教会に出かけた時の事です。司祭さんが、
「人間の世界では身分が重要と思われていますが、神の前では愛と道徳心こそがもっとも大切なのです。愛と親切な心があれば人々は集まってきます。そして目には見えない、尊い財産を手に入れる事が出来るでしょう」
シャルロットはその話を聞き、司祭さんに訪ねました。
「司祭様、尊い財産ってなんでしょうか?」
司祭さんは笑顔で、
「我が国の森にはわが主(あるじ)、神様より使わされた、フェアリーが住んでいるとの話です。フェアリーが住む森には魔法のかかった不思議な花があると聞きます。愛を持ち人徳の高い方がその花を手にすると、わが主(あるじ)から本当に大切な財産を授かることができるという言い伝えがあります。大きな財産があり、人間世界では身分が高くても主(あるじ)の加護がないと寂しい人生を歩む方も多いのがこの世の事実です」
その言い伝えを思い出し、シャルロットはアレクサンドルの病いを少しでも癒そうと、魔法の花を探すため、お母様に聞いてみました。

~ 第2話に続く ~

■ 前作(エメラルドスターの英雄 完結編) ■
http://douwachan02.blog.so-net.ne.jp/2014-12-22



スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ポジティブパラダイムで楽しもう

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。