So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

オリジナル童話【青い鳥がくれた不思議なメール(後編)】第1話 [創作童話]

スポンサーリンク




青い鳥がくれた不思議なメール(後半).png
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
作品名:青い鳥がくれた不思議なメール(後編)第1話
作品番号:48
原 作:清原 登志雄
校 正:橘 かおる/橘 はやと
イラスト:姫嶋 さくら
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

和輝は部屋をでて足を引きずりながら台所に行きました。
「お父さん。僕のパソコンにメールを送らなかった?」
お父さんは不思議そうに和輝を見つめました。
「メールなんて送っていないぞ。一体どうしたんだ?」
「僕のパソコンに幸せを呼ぶ青い鳥って人からメールが届くんだ。僕の体の事に詳しくて、励ましのメッセージを送ってくれるの」
お父さんとお母さんは顔を見合わせました。青い鳥のメールの話を聞いたお母さんは
「不思議なメールね。青い鳥って一体誰なのかしら?」
3人が考えこんでいると、妹の優奈が台所に入ってきました。優奈は3人の顔を見て
「どうしたの?そんな顔して」
「和輝のパソコンに青い鳥からメールが来たんだって」
優奈は不思議そうに話を聞いていましたが
「青い鳥は、病気の事も私たちの事も知っているんだね。きっとお兄ちゃんの事をよく知っている人だよ。メールをくれる青い鳥に誰なのか聞いてみたら?」
お父さんは、うなっていましたが
「和輝、そのメールをお父さんとお母さんにも見せてほしい」
和輝は部屋に戻り家族に青い鳥からのメールを見せました。すべて読み終えたお父さんは
「お父さんも全然、覚えのない人だ。この青い鳥を名乗っている人は医者かな?…でも誰が?」
「お母さんも知らないわ。本当に不思議ね。まるで私たちのことを昔からずっと知っていたみたい」
と口をそろえて言いました。みんなしばらく考え込んでいましたが青い鳥が誰か分かりません。和輝は再びパソコンに向かい
「幸せを呼ぶ青い鳥さん。僕にメールをくれてありがとう。家族も、みんな貴方が誰か知らないようです。僕にメールを送ってくれる貴方は一体、誰ですか?」
「ピンポーン」
すぐに着信音がなりました。アドレスは青い鳥からです。
「君が人生に希望を持って生き続けると約束するなら、私が誰なのかは必ず分かる時がくる。私を信用してくれるなら下のアイコンをクリックしてごらん。きっと驚くはずだ」
メールの下にはボールペンのアイコンが添付されていました。和輝はおそるおそるアイコンをクリックしてみました。その瞬間机がガタガタとゆれ出しました。
「うわ…地震?」
しかし揺れはすぐに収まり、ポトン。和輝の机の上にはアイコンとそっくりのボールペンが落ちてきました。あっと言う間の出来事に家族全員が口もきけません。

■ (前編)第3話 青い鳥がくれた不思議なメール(前編) ■
URL:http://douwachan02.blog.so-net.ne.jp/2015-03-29

▲▲▲▲ 後編第2話に続く ▲▲▲▲



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ポジティブパラダイムで楽しもう

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。