So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

オリジナル童話【青い鳥がくれた不思議なメール(後編)】最終話 [創作童話]

スポンサーリンク




青い鳥がくれた不思議なメール(後半).png ▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
作品名:青い鳥がくれた不思議なメール(後編)最終話
作品番号:48
原 作:清原 登志雄
校 正:橘 かおる/橘 はやと
イラスト:姫嶋 さくら
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


すると、再び机がガタガタと揺れ小瓶数本と紙切れが落ちてきました。瓶の中には薬が詰まっています。瓶の横には古ぼけた紙切れもついています。4人は驚きながらその紙切れを開いてみました。紙には、さっき魔法のペンが描いた絵とそっくりの古ぼけた青い鳥のイラストが描かれていました。お父さんは
「不思議だ。古ぼけているが、さっき描いた青い鳥のイラストが入っている」
と信じられない様子です。優奈は
「やっぱり、青い鳥は未来を信じる人の元にやってくるんだね」
そうつぶやきました。和輝が
「青い鳥さんは本当に未来人なんだね。このペンは今の科学じゃ考えられません」
そう青い鳥に返信するとすぐに青い鳥からメールが返ってきました。
「メールに添付した魔法の薬はもう飲んだかな。これはウィリス動脈輪閉症を治す薬だ。すぐに飲んで元気になりなさい。そして明るい未来に向かって頑張りなさい」
和輝はしばらくイラストとメールを見つめていましたが
「これは、未来からきた新しい薬か。このイラストは確かに未来のペンが描いたものと同じだ。確かにこのメールは未来から来たとしか考えられない」
決心して青い鳥がくれた薬を飲んでみました。
ゴクゴク。3人が真剣に見守る中、和輝は薬を飲み終えました。その後、薬を飲んだ後、頭が少しずつすっきりしていくのがわかりました。じょじょに手の震えが収まり引きずっていた足も自由に動き始めました。
『す…すごい。体が自由に動くぞ』
和輝はうれしさのあまり声がでません。家族みんなの顔が輝きました。
「メールの送り主はだれか分からないが本当に未来から来た薬だ。素晴らしい」
「お兄ちゃん、体が直ったんだね!これから毎日、外にでて遊べるね」
家族全員でうれしさのあまり抱き合いました。それから和輝は気がついたようにパソコンに向かってメールを打ちはじめました。
「メールをくれた青い鳥さん、本当にありがとう。青い鳥さんのくれた薬のおかげで体が自由になりました。もし青い鳥さんが未来人であるならあなたの居る未来世界はどうなっているのですか?教えてください」
メールを送ると
「ピンポーン」
すぐに返事が返ってきました。
「大空和輝君へ。体が治ったようだね、おめでとう。僕の居る未来はね…携帯電話がナビ代わりで行き先を案内してくれるんだ。子供達の数は減ってしまったが、今の時代よりお友達を大切にしているよ。遊び相手が少ないからね。人と人とのつながりを本当に大切にしているんだ。そうそう君達が好きなゲームのカードは電子チップが埋め込まれていて触ると音が出る物もある。カードに向かってしゃべると、カードが返事をしてくれるよ。医学はもっと発達しているんだ。いろんな病気が治せるようになっているよ。町中ではお使いロボットが歩いている」
和輝は目を輝かせながら何度も声にだしてメールを読みました。お母さんが
「私たちの未来には青い鳥が待っているのかも知れないね」
そうつぶやくと
「ピンポーン」
青い鳥がメールを送ってきました。
「そんな素晴らしい未来が君たちには待っている。もはや国境もなく大きな戦争もない時代がやってくる。そんな時代で大切な事は、科学の可能性は無限であり道は開けるって事。そして、自分を見失わないこと。愛を持ち希望をもって生きるなら君は素晴らしい大人になれる。そんな素晴らしい君に会えることを期待したい。30年後の未来人より」
和輝はそのメールに向かってつぶやきました。
「ありがとう、僕の青い鳥」
その後、青い鳥からメールが届くことはありませんでした。
それから30年後。和輝は薬の研究者となり新しい薬の研究に追われる日々を送っていました。和輝は科学の可能性を信じて研究を続け、ついにウィリス動脈輪閉塞症を治す薬の発明に成功したのです。その薬が完成し和輝は世界中の人々から偉大な研究者として愛されるようになりました。和輝は自分が幼い頃描いた、古ぼけた青い鳥のイラストを見ながら
「私があのとき、この病で苦しんでいたからこの薬ができたんだ」
そうつぶやき、顔を上げると
「そうだ、まだ青い鳥を待っている過去の自分に薬を渡していなかったな」
笑いながらタイムメーラーの前に座りました。そしてメールの件名に
「人生は素晴らしい、感動することに意義がある」
と打ち、励ましのメッセージを綴りました。
 和輝が偉大な薬の研究者になるためにもっとも必要だったのは、苦しみの中でも未来を信じ続けて生きた事でした。そんな和輝は今日も、どこかでタイムメーラーを使い、病で苦しむ世界中の人々に幸せになれるメールを送り続けています。
「一生懸命に戦う君が生きている今日は世界のどんな記念日よりもすばらしい。幸せを呼ぶ青い鳥は自分の中にいる」
と。

■ 後半 第1話
URL:http://douwachan02.blog.so-net.ne.jp/2015-04-08

■ 後編 第2話
URL:http://douwachan02.blog.so-net.ne.jp/2015-04-09

■ 童話制作委員会 掲載予定HP
URL:http://douwaseisaku.ie-yasu.com/SAKUHIN-fream.html

▲▲▲▲ 2015年4月10日 完結 ▲▲▲▲



スポンサーリンク



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ポジティブパラダイムで楽しもう

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。