So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

シャルロットと魔法の花(前編) 第1話 [創作童話]

もうすぐ新年があけますね。寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか? 今日から創作童話 第3回をお届け。新作童話【シャルロットと魔法の花(前編)】です。前半は全2回に分けてお届けします。

シャルロットと魔法の花(前編).png
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
シャルロットと魔法の花(前編) 第1話
企画・原作:清原 登志雄
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

↑BGMを聞きながら読むと効果的です↑

昔々、ヨーロッパの小国、クリスタルレイン公国。この国の地方を治める伯爵の元で双子の兄妹(けいまい)が生まれました。兄の名はアレクサンドル、妹はシャルロットといいました。2人は仲良く幸せに暮らしていました。6歳の誕生日を迎えたある日、
『今は仲の良い双子だが大人になったらもしかしたら、爵位や資産を巡って争う事になるかもしれない…』
父である伯爵はそう考えて、嫌がる2人を引き離し、別々に育てる事にしました。好きな兄と引き離された、妹のシャルロットは寂しさが募っていました。
『お兄様はどうしているのかしら? 元気かな』
そんな思いを馳せながら4年の月日がながれました。シャルロットが10歳になったとき、兄のアレクサンドルの事がどうしても気になり専属のメイドに兄の近況を訪ねてみました。メイドは暫らく黙っていましたが、やがて言いにくそうに、
「アレクサンドル様はシャルロット様に会えなくなってから、元気をなくし病気になってしまったようです」
それを聞いたシャルロットはショックのあまり部屋に閉じこもって考え込んでしまいました。
「お兄様に会いたい。また元気なお兄様に戻ってほしい。私に何か出来ることはないだろうか?」
俯き、部屋で独り言をつぶやいていると、コンコンとドアをノックする音がしました。ドアが開きシャルロットのメイドが心配そうに部屋に入ってきました。
「シャルロット様、アレクサンドル様を心配するお気持ちは分かりますが、あまり心配なさらないほうがよろしいかと…。シャルロット様が明るく、朗らかに振る舞えば、アレクサンドル様の病状も回復が早いのではと思います。きっとシャルロット様の思いがアレクサンドル様にも届きますよ」
その時、シャルロットの心の中で幼い頃、司祭さんから聞いた、不思議な言い伝えを思い出しました。それはアレクサンドルと一緒に町の大きな教会に出かけた時の事です。司祭さんが、
「人間の世界では身分が重要と思われていますが、神の前では愛と道徳心こそがもっとも大切なのです。愛と親切な心があれば人々は集まってきます。そして目には見えない、尊い財産を手に入れる事が出来るでしょう」
シャルロットはその話を聞き、司祭さんに訪ねました。
「司祭様、尊い財産ってなんでしょうか?」
司祭さんは笑顔で、
「我が国の森にはわが主(あるじ)、神様より使わされた、フェアリーが住んでいるとの話です。フェアリーが住む森には魔法のかかった不思議な花があると聞きます。愛を持ち人徳の高い方がその花を手にすると、わが主(あるじ)から本当に大切な財産を授かることができるという言い伝えがあります。大きな財産があり、人間世界では身分が高くても主(あるじ)の加護がないと寂しい人生を歩む方も多いのがこの世の事実です」
その言い伝えを思い出し、シャルロットはアレクサンドルの病いを少しでも癒そうと、魔法の花を探すため、お母様に聞いてみました。

~ 第2話に続く ~

■ 前作(エメラルドスターの英雄 完結編) ■
http://douwachan02.blog.so-net.ne.jp/2014-12-22

早朝の神社へ出かけました [日記]

(注意)
このブログの記事を書いているのは11月28日です。

全国文芸ファンの皆様、おはようございます。2015年1月で住み慣れた、この町ともいよいよお別れです。なんだか少し寂しい気もします。今日は早朝の神社の様子をフォトブックとして写真に収めたので掲載します。もうすぐお正月。2015年は自分にとって動きの年になりそうです。それでは1枚目の写真です。
2014.12.26.JPG

神社に出かける間に見つけた紅葉の写真。赤く色づいていますね。今日は晴天。何かいいことが起こりそうな予感です。さあ、早速、出かけてみましょう。早く病気が治るといいのですが…。歩いて10分、神社が見えてきたので早速、境内に入ります。
2014.12.262.JPG

手を洗って清めます。神社の境内を見渡してみます。やっぱり朝の神社は気持ちがいいですね。午前7時前ですが、参拝客がいます。静かになったところで境内の様子を撮影してみました。その写真がこちら…
2014.12.263.JPG

こじんまりとした境内ですが心が落ち着きます。神職さんが、境内の清掃作業を行っています。神様、おはようございます。今日も1日よろしくお願いします。手を合わせているとなんだか心が落ち着くなあ。
2014.12.264.JPG
4枚目の写真。手を合わせて瞑想すると心が落ち着いてきます。今日も自分のできる事を一つ一つコツコツと続けて行くのしかなさそうです。このブログも月1万PVぐらい閲覧されるようになればいいのですが。それまでにブログの容量がいっぱいになってしまったりして。

2014.12.265.JPG
最後は本殿の写真。今日も1日、頑張ろう。自分の出来ることからコツコツと…。それでは1日よろしくお願いします。(体調、大丈夫かな?)

エメラルドスターの英雄(完結編) [創作童話]

全国文芸ファンの皆様、いつも当ブログを閲覧いただきありがとうございます。いよいよ【エメラルドスターの英雄の最終話】完結編をお楽しみください。
emerarudo-irasuto.jpg
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
エメラルドスターの英雄 第3話
企画・原作:清原 登志雄
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

↑読書中のBGMにお使いください↑

王は静かに威厳ある声で、
「わざわざエメラルドスターまで出迎えご苦労だった。だが、お前のような小国の王子などに娘は渡せない」
王子に婚約の断りを入れようとしたときです。大臣が息を切らしてやって来ました。
「王様、会談中に申し訳ありません。大変です」
「どうした? 騒がしい」
「暖かくなったので、農地に食料用の穀物を植えたのですが害虫が大量に発生して大きな被害が出ています。このままだと、今年は飢饉になるかもしれません」
王は驚いて、
「何、それは大変だ。農夫達だけで害虫の駆除はできないのか?」
「王様、恐れながらそれは困難と思われます。今年はどうした事か異常に害虫が大量発生しています」
その時、フィアナにクッキーをもらった鳥がバタバタと木から下りてきました。鳥は王に頭を下げると、
「王様、私は真冬にフィアナ様にクッキーを頂き命が助かりました。私は、フィアナ様もフィリップ王子も立派な方であることを知っています。結ばれればきっと2人は幸せになり両国の友好関係を築くことが出来ると思います。そこで王様に提案です。私たちの仲間が、農地を荒らす、害虫を退治しますので、もし農地がよみがえったらフィリップ王子と、フィアナ様の結婚を認めてあげて下さい。王様に民を思う気持ちがあるのなら…」
王様は考え込んでしまいました。フィアナは、
「お父様、私からも、お願いします。もし農地が荒れてしまえば国民が飢えるかも知れません。どうか鳥さんのお願いを聞いて下さい」
しばらく考えてから王様はうなずきました。すぐに鳥は仲間を連れて農地へ飛び立っていきました。
1週間後、農地の害虫は鳥たちによって退治され、穀物は元気を取り戻しました。農夫達が安心して農作業に従事している様子を王は、黙って見つめていました。
数ヶ月後、フィリップ王子とフィアナ王女は結婚しました。結婚式は盛大に挙げられ、エメラルドスターの農夫達はフィアナ王女を、
「我が国を飢饉から救った英雄」
と、讃えました。
その後、フィアナとフィリップの間に子供が生まれ2人は幸せに暮らしました。フィリップ王子の妃となったフィアナは幸せそうに赤ん坊を見つめて、
「お母様、ありがとう。今、私はとても幸せです」
とつぶやくと、赤ん坊が声をあげて笑いました。その後、エメラルドスターと隣国、フィリアス島との友好関係は末永く続き、両国民は幸せに暮らしたということです。

▲▲▲▲完結▲▲▲▲

第2話はこちら↓
http://douwachan02.blog.so-net.ne.jp/2014-12-19

<完成版掲載予定のHP>
http://douwaseisaku.ie-yasu.com/

エメラルドスターの英雄 第2話 [創作童話]

全国文芸ファンの皆様、いつも当ブログを閲覧いただきありがとうございます。引き続き【エメラルドスターの英雄の第2話】をお楽しみください。
emerarudo-irasuto.jpg ▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
エメラルドスターの英雄 第2話
企画・原作:清原 登志雄
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

↑BGMをお使いください↑

フィアナが窓を開けると鳥が覗いて、
「こんな真冬にスミマセン。今、外では食べ物がないんです。空腹で死にそうです。何か食べさせて頂けないでしょうか?」
「まあっ。こんな寒い中、食べる物が無いなんて…何か食べ物があるかしら…」
あたりを見回すとクッキーが残っていることに気がつき、こんな物でよければと鳥にクッキーを差し出しました。鳥は、よほどおなかがすいていたのでしょう。夢中でガツガツとクッキーを食べました。クッキーを食べ終わった鳥は、うれしそうに、
「お姫様、ありがとうございます。おなかがいっぱいになり助かりました。お礼がしたいのですが、私でできる事があれば何でも言って下さい」
フィアナの顔が思わず、ほころび
「鳥さん、私はフィリアス島のフィリップ王子を愛しています。しかし、お父様が厳しくて、フィリップ様に手紙を出すことすら許してもらえません。今から手紙を書くのでフィリップ王子に渡して頂けませんか?」
鳥はうれしそうに、
「おやすいご用ですよ。ここから30分ぐらいでフィリアス島まで行けますから」
フィアナは急いで手紙を書き終えると鳥の足にくくりつけました。鳥はフィアナが足に手紙をくくり終えると、バタバタと羽ばたいていきました。こうして鳥の協力でフィリップ王子とまた文通をする事ができ、季節は春になりました。
春になったエメラルドスターには、雪解けの清流が流れ、あちこちで花が風にゆれています。農夫達は畑に穀物の苗を植え始めました。
エメラルドスターの雪解けを知ったフィリップ王子は決心しました。
『フィアナをなんとしても妃として迎えたい。雪が溶けた今ならフィアナを迎えに行くことが出来そうだ』
フィリップ王子は、エメラルドスターへやってきて、王にフィアナを妃として迎えたいとお願いをしました。

▲▲▲▲次回に続く▲▲▲▲

エメラルドスターの英雄 第1話はこちら↓
http://douwachan02.blog.so-net.ne.jp/2014-12-15

エメラルドスターの英雄第1話 [創作童話]

全国文芸ファンの皆様、いつも当ブログを閲覧いただきありがとうございます。おかげ様で当ブログも1万PVを達成することができました。本当に感謝します。さて創作童話 第2作品は【エメラルドスターの英雄】全3パートに分かれています。お楽しみいただければ幸いです。
emerarudo-irasuto.jpg ▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
エメラルドスターの英雄 第1話
企画・原作:清原 登志雄
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

↑BGMにお使いください↑
昔々、小人が住むエメラルドスターという大国がありました。この国に、動物を愛する、王女が住んでいました。王女の名はフィアナ。フィアナは隣国フィリアス島の王子フィリップの誕生会によばれて以来、王子と仲良くなりました。フィアナは数年前に慕っていた母を病で亡くし、寂しさが募っていました。その寂しさを埋めてくれたのがフィリップ王子でした。フィアナは次第にフィリップ王子に心を惹かれていきました。
そして、誕生会に参加してから数ヶ月後にはフィアナとフィリップ王子は恋文を交換するようになりました。
しかしある日、フィアナの父である王にフィリップ王子と恋仲で、文通をしていた事が見つかってしまいました。フィアナがフィリップ王子に恋心を寄せている事を知った父は、

「フィリアス島のような小国の王子と仲良くなってはならん。お前は立派な大国の妃となり、この国をさらに繁栄させるのだ」

父に厳しく言われ、フィリップ王子との恋仲を裂かれたフィアナは部屋に閉じこもって泣いていました。やがて冬が来て外では小雪が舞っています。フィアナはフィリップ王子からもらった手紙を読み返して、深くため息をつきました。暖炉でパチパチと燃える薪を見ながら、寂しそうに、
「フィリップ様は今頃、どうしているのだろう。長い間、返事を書いていない。フィリップ様は私の事を、もう忘れてしまったかしら? フィリップ様にもう一度、会いたい」
すると、どこからともなく不思議な声が聞こえてきました。
『何も心配はいりません。人々を思いやる気持ち、愛する人を純粋に思う気持ち、それこそが国の指導者にとって大切なものです。多くの国民はその気持ちを求めています』
フィアナはハッとして顔を上げました。
『亡くなった、お母様の声が聞こえた…。お母様、寂しい…』
フィアナが壁に掛けてある亡き母の肖像画を見つめていると、コンコンと何かを叩く音がしました。窓の外を見ると、見たこともない鳥が窓をつついています。鳥は、フィアナと同じぐらいの大きさでした。

▲▲▲▲次回に続く▲▲▲▲

もうすぐクリスマス [日記]

全国文藝ファンの皆様、今日はほのぼの系のフォト記事をお届けします。前回までの連載(新約竹取物語)は、いかがだったでしょうか?12月12日の記事はクリスマスをテーマに記事を綴りたいと思います。すっかり寒くなりましたが、皆様も風邪を召されないよう、ご自愛下さい。
それでは早速1枚目の写真です。撮影場所は商業施設【ららぽーと】です。

<1枚目>
2014.12.12.JPG
イルミネーションがいっぱいですね。入り口ではこのようなイルミネーションが沢山、迎えてくれます。中はどうなっているのでしょうか?早速、のぞいていましょう。カップルがいっぱいいたりして。

<2枚目>
2014.12.122.JPG
入り口です。床に大きな、クリスマスのイラストが描かれています。クリスマス、皆様は予定ありますが? 自分は早く健康を取り戻したいです。さて、奥が気になりますね、先に進んでみましょう。

<3枚目>
2014.12.123.JPG
クリスマスツリーです。大きいですね。また、年を取るのか。大きなクリスマスツリーと共に素敵な時間を過ごして欲しいものです。
余談ですが、長野の地震は大きかったですね。もうすぐスキーシーズン。復興まではまだ時間がかかりそうです。測量をして、緊急施工をしても規模が大きいので2年はかかりそう。

<4枚目>
2014.12.124.JPG
クリスマスツリーの飾りに注目をしてみました。う~ん大きいリボンですね。サンタクロースはそろそろ、子供たちへの夢を持って、出かける準備をしているのでしょうか?2014年の冬はどんな季節になるのかな? 私にとってはまだまだ厳しい1年になりそうです。

<5枚目>
2014.12.125.JPG
ラストのフォトです。大きな飾りとイルミネーションが私たちを歓迎してくれているようです。今年1年はどんな年だったでしょうか? 来年は健康を取り戻し、人生の軌道修正を図りたい1年にしたいですね。

【次回より連載予定】
次回より、新作童話【エメラルドスターの英雄】(ほぼ完成済)を連載予定。お楽しみ頂ければ幸いです。今回もどんな世界がまっているのか? お楽しみ下さい。

神戸ルミナリエ2014の様子をロケしました [動画紹介]

兵庫県 神戸市では光の祭典、ルミナリエが行われています。阪神大震災で5000人以上が亡くなった大地震。その鎮魂の祭典が今年も開かれているので取材しました。
美しいイルミネーション。祭典は12月4日から12月15日までの12日間に渡って行われています。会場では多くの人々で賑わっており美しい、歌が夜空に響いていました。
『自分も早く健康を取り戻して、社会に役立ち達なあ』
そんな思いでルミナリエを歩きます。阪神電車 元町駅から下車してルミナリエ会場までの時間は20分ぐらいでした。3分ほどの短い動画にまとめましたので紹介します。みんな、見てね。

いかがだったでしょうか?
日本国周辺では政情が不安定になっており、平和がこのまま続くかどうか不安ですね。原油価格は下落し、インフレに歯止めがかかっているものの、外国為替レートも円安傾向が続いており、輸入品の値上がりが続いています。このまま来年もルミナリエは続くのでしょうか?
あ~寒い、寒い。寒いけど、何故か心温まるルミナリエでした。皆様も一度訪ねてみてはいかがでしょうか?

新作動画をUPしました [動画紹介]

全国文藝ファンの皆様、おはようございます。昨日、完結した、【新約 竹取物語】はお楽しみ頂けたでしょうか? 全部で4回。少し長丁場の作品でしたが楽しんで頂ければ幸いです。
さて、今日の記事は、童話制作委員会がLIVE YOU TUBEで配信している、朗読系番組【お休み前の童話朗読室-6】(第5回目の試験放送)の配信の収録が終わったのでYOU TUBEに動画をUPしました。人気は配信して1ヶ月っても100再生を超えない、低調な番組ではありますが、ご視聴を頂けるとうれしいです。番組はこちら

<お休み前の童話朗読室-6(31分33秒)>

最近、ようやく、ライブYOU TUBEでも配信になれてきました。まだライブの最高リスナー数は1名ですがこれから、少しづつ増えてくれるとうれしいです。番組制作の予算が足らず、困っていますが(汗)

<近況報告>
当ブログもようやく、プレビュー(閲覧回数)が少しずつですが伸びていました。当面の目標は月20,000PVといったところでしょうか? まだまだ未熟なブロガーではありますが応援をよろしくお願いします。ところで創作環境のハードディスクを整理すると190GBの容量が余りました。まだ1年ぐらい放送機材は使えそうです。しっかりした動画が作れるよう創意工夫を行っていきます。

新約竹取物語(完結) [創作童話]

文藝ファンの皆様こんにちは。今回も制作中の新作童話である【新約竹取物語 完結】(完成度90%)を紹介します。完成すれば童話制作委員会のホームページにUPします。いよいよ物語も完結。お楽しみに★

新約竹取物語.png
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
新約 竹取物語
原作…竹取物語
新約版脚本:清原登志雄


↑BGMです。読書にお使いください↑

それを見て、月の使者が月へ帰ったと思ったもののふ達は、老夫婦に
「月の使いを追い返した。かぐやは無事か?」
とたずねたので、老夫婦はかぐやの部屋をのぞいてみました。

その部屋で、かぐやは眠っていました。老夫婦ともののふ達が、かぐやに近づくと、かぐやの息が途絶えており、すでにこの世の者ではありませんでした。かぐやは満月の夜、月へと旅立ってしまったのです。外では、かがり火の燃えカスがくすぶり、白い煙が空へと昇っていました。

老夫婦は悲しみのため、かぐやからもらった霊水を飲むことすらできませんでした。その為、老夫婦は富士の山で、【飲めば長生きをする】とかぐやからもらった霊水を火口に投げ入れました。老夫婦は燃える霊水を見て
「かぐやよ。何も心配する事はない。わしらも年じゃ。死んだら月へ迎えにいくぞ」
と呟いたといわれています。

大変昔の話であり、これ以降、この逸話に関する記録は残っていません。やがて残された者達は、老夫婦とかぐやが再び月でめぐり会えることを祈ったと云う事です。

(第3話はこちら)
http://douwachan02.blog.so-net.ne.jp/2014-12-05


▲▲▲▲完結▲▲▲▲

本作品は童話制作委員会のHPに完成版を掲載します。沢山の閲覧をお待ちしています。
<童話制作委員会ホームページ>
http://douwaseisaku.ie-yasu.com/


【次回作】
【エメラルドスターの英雄】を近々、連載する予定です。お楽しみに★

新作動画【田舎の冬の風景】をUPしました [動画紹介]

おはようございます。今回の記事は【田舎の冬の風景】を撮影。動画化しUPしました。以前のフォト日記が人気だったので風景を撮影し3分の動画に纏めてみました。長時間の動画は飽きてくるので1カット10秒程度に短くまとめてみました。撮影日は12月5日。もう冬ですね。急に寒くなってきました。部屋を暖かくしてお過ごしください。あ~キムチ鍋かオデンが食べたいです。
(撮影裏話)
日蔭の公園での撮影が寒くて仕方なかったです。水道から流れる水を撮影する時は水が手にかかって本当に冷たかった。マッチ売りの少女を思い出しました。
「マッチいらんか~い」
じゃなくて
「新作動画はいかがでしょうか?」(オイ)
それではお楽しみください
<田舎の冬の風景(3分)>


いかがだったでしょうか? この動画は火曜日の朝動画(第2回GOOD MORNING)にて使用されます。お楽しみに。

2014.12.6.JPG
動画のオープニングで撮影した1枚。いかにも田舎の風景といった感じでのどかな田園です。冬に入る前に耕作されたのでしょうか? 実に長閑(のどか)な風景です。 う~ん、静かでいいですね。気温が10度ないですが…。心休まるひと時をお過ごしください。あ~寒いなあ。早く梅が咲く季節になーれ。近隣の梅まつりに行ってみたい。

新作童話【新約 竹取物語第3話】 [創作童話]

文藝ファンの皆様こんにちは。今回も制作中の新作童話である【新約竹取物語 第3回】(完成度90%)を紹介します。完成すれば童話制作委員会のホームページにUPします。いよいよ物語も中盤から終盤。お楽しみに★

新約竹取物語.png
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
新約 竹取物語
原作…竹取物語
新約版脚本:清原登志雄

(第3回)
“かぐやが月に帰る”という話は瞬く間にうわさになりました。そして、かぐやを月に返すまいと満月の夜、護衛をつける事が決まりました。

老夫婦は、かぐやが月に帰る事を知り、深い悲しみにおおわれていました。そして村はずれにある社に行き、かぐやが少しでもこちらに長くいられるよう、月夜見尊(ツクヨミノミコト)様に手を合わせていました。

ある日の事、竹取の老夫婦が眠っていると不思議な光を感じました。その光の中には何かが宿っているようでした。その光は、
「かぐやを失う悲しい気持ちは分かる。だがお前達、老夫婦は、かぐやからもらった霊水で長寿を全うすれば、さらに幸せになれるだろう。かぐやはお前達夫婦が幸せな人生を長くおくってくれることを望んでいる。何も心配はいらない」
そう話すと光は消えてしまいました。

数日後、都から、弓と矢をもった、もののふ達が老夫婦の家の護衛につきました。その様子を見た、かぐやは、
「残念ながら、私が月に帰るのは天が定めたものであり、どうする事もできません」
そう話し、涙を流していました。

満月の夜になりました。かぐやは月の使者に連れていかれないよう家の奥に、閉じこもるように言われました。外ではもののふ達が、かがり火を焚いて家を取り囲んでいます。そして日付が変わろうとした時でした。

月から大きな光が降りて来たのを見て、もののふ達は、かぐやを月へ連れに来たと思い、光をめがけて矢を射りましたが、光に当たりません。月から降りてきた大きな光はしばらく竹取の老夫婦の家を見つめるように飛び回っていましたが、そのうち夜が明けると、月へと帰って行きました。

(第2話はこちら)
http://douwachan02.blog.so-net.ne.jp/2014-12-01

▲▲▲▲次回に続く▲▲▲▲

新作動画【優しさのパティシエール第3部】 [動画紹介]

全国文芸ファンの皆様、こんばんは。今日の記事は【新作動画:優しさのパティシエール第3部】が完成したのでYOU TUBEにUPした動画を紹介します。物語はいよいよ終盤へ。貧しい家庭環境にもめげずに働くパトリシア。伯爵家の御曹司シャルル君。そして二人を見つめる、不思議な生き物。シャルル君とパトリシアの出会いに注目です。二人ははたして幸せになれるのでしょうか?じっくりと視聴をして頂けると嬉しいです。(テープが少し長めでごめんないさい)


いかがたっだでしょうか? 次回で物語は完結編を迎えます。どんな結末になるのかは、皆様の耳でご確認ください。
2014.12.4.JPG
創作を行っている現場のフォトを公開します。PCが古くて、もう動画創作はどう考えても限界
ハードディスク、283GB メモリー2GBしかありません。 動画制作のソフトをインストールも出来ない状態。ハイスペックPCが欲しいところです。皆様はどのような創作環境で制作をされているのでしょか?2月に新型の創作環境を整える予定です。ちなみに音声データはUSBメモリーにバックアップ。音声データだけで9GB近くある。音声データって意外と大きいですね。

P.S.動画を作っているとドンドン、ハードディスクの空き容量が減っていく。こまった。
  明日は新約 竹取物語 第3部をお届けします。楽しみにまっていてね。

ポジティブパラダイムで楽しもう

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。